読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEPTEMBER ENDs

オレンジ

ここがヘンだよアップフロント

 

ハロコンは年1回にして夏は夏祭りをやろうが持論です。

 

――――――

 

ここ最近のアップフロント事務所さんの変だなあと思うところをカウントダウン形式で。

つんくさんが総合プロデューサーを外れてた』って聞いて書こうと思ったブログだけど、「外れたからこんなにヘンになったんだ!」って言いたいわけじゃない。ヘンなものはたぶんずっとヘン。

カウントアップにしなかったのはさっと10個まで考えて、そこで思考停止したから。あと最近読んだカウントダウンブログが面白かったから。

下に行くほど変だなあ感は強まるわけだけど、第一位にオチがあったりしないので、そう言う目で読み進めないでほしい。

 

 

第10位 ファクトリー乱立 

2つも出来た。こぶしは出来て9カ月くらい。つばきは出来て約半年。

その結果、今のハロプロメンバー数は史上最多だとか。そりゃお金もかかる。ハロコンの値段も上がる。年末年始は家族で過ごすべきだよねと気付く。

どちらのグループもまず舞台の予定を組まれたのは共通。

こぶしはそこから強烈な3枚組シングルでメジャーデビューして、今冬には早くもライブツアーが決まったけど、つばきはどうなる。この2つのグループも含めて7グループもちゃんとやっていける?っていう疑問。10位だね。もっと下でも良い。がんばって。

こんなに早くライブツアーが決まるのはライブハウスツアーだからだけどそれは4位。

f:id:sayurumoon:20151004203948j:plain

ズルいかわいさ

 

第9位 モーニング娘。改名

あの時の「はあ??」って気持ち、わすれていませんか。今まで「娘」って呼んでたのに、あんまりに呼びやすいから「ワンフォー」とか「ワンファイ」とか呼んじゃってるよ。

後ろに年次を付けたメリット、まあ別になかったし、かといってデメリットもそこまでじゃない。ようはあんま意味ない。だから何で改名したの?って気持ち。音楽プレーヤーで聴きづらくなるばかり。

改名と言えばもう一個あるけどそっちは2位だから。

 

第8位 ガーネットショック

これはまあしょうがないけど。これからたのしくなりそうだった。

 

第7位 juice220公演チャレンジ

まず220って数字はどっから来たんだよって今すごいまじめなことを言いました。

来年の武道館公演を目指して220公演にチャレンジすることをメンバーで決めましたってそんなわけなかろ。台湾香港を終えたあたりで60くらい?

あと160を一年でやれるのか。やるしかない。「右腕が上がらないながらにパフォーマンスを…」みたいなレポを読んで震えた。そんなのアスリートでもQuestionable登録。

そもそもライブハウス→武道館って流れ好きじゃないんだよ。好きな人はいないよ。その話は4位でするんだったよ。

 

第6位 2年で3周なくなりました

スマイレージの武道館公演は先に貰ったご褒美であり、その返済のため「スマイレージはこれから2年で全国を3周するので」って再三にわたって言っていた。

その後アンジュルムになり、最近のライブにてメンバーが「(2年で3周)なくなったんじゃない?」と言っていたそう。つまりなくなったのかどうなのかも解からない。そもそも最初からそんな話があったかどうかも怪しい。たぶんなかったんじゃないかな。みんなで同じ夢を見ていたんだ。

一貫しない事務所の行動の一例。juiceの220公演もツアータイトルに入れたりしなければみんなちゃんと忘れたのに。

 

第5位 両A面シングル・複数枚組アルバムスタイル

いつからか、ハロプロのシングルは両A面あるいはトリプルA面しか出なくなり、だいたい1年強で1枚出てた(出てたよね?)アルバムは、今後は複数枚組のベストアルバムになっていく気配がしてる。

これ(特に両A面の方は)ホントに理由が解からないからすごく知りたい。アルバムは儲からないってことなのか。

今まではあまりやってなかったアルバムでの販促、いわゆる接触系イベントもjuiceでじゃんじゃん入れたし、だいぶ好ましくない流れ。きっとアンジュルムもやる。

c/wやアルバム曲がなくなると、変わった曲やユニット曲が生まれない。

アンジュルム以後の楽曲群がかなり好きな方だけど、かと言ってカラーの似通ったその辺の楽曲をライブで並べても楽しくはならない。大人には色々あるんだよリベット。

つんくさんのツイートを貼っておきます。

 

 

第4位 ライブハウス

を使いすぎ問題。もう当たり前のようにライブハウス。蟻が土を歩くようにライブハウス。「ツアー決定!」ってニュースが来た時、もうライブハウスじゃない可能性が頭をよぎらない。

以前もこのブログでぐちぐちとアイドルがライブハウスツアーをやることへのウラミツラミを書いたけど、アイドルにライブハウスは向いてないしハロプロ恒例1日2公演やるのもライブハウスは向いてない。これからの季節、昼公演と夜公演のあいだ、冬空の下で半袖おたくが会いたくてふるえる。

結局カントリーのファーストツアーを見に行くことはなかった。既にファンのグループ以外のライブハウスツアーを見に行く気にはなれない。

あ、こぶしの長野買ったじゃんっていま思い出した前言撤回。でもホントは長野クラブファッ○ンジャンクボックスとか行きたくないよ。二桁持ってなきゃ見えないもの。八王子オリンパスでやってくれ。そこまで行くから。

以前のブログ→アイドルライブハウスへのネガティブキャンペーン - SEPTEMBER ENDs

 

第3位 クールハロー

ホントに意味が解からない施策2位。3位が2位。解かり辛くなってしまった。

 

最初にうっとうしいことを言うけど、クールハロー批判をする人には主に「メンバーカラーを出さないことに怒っている人」と「デザインが手抜きざんまいなことに怒っている人」がいて、で、クールハロー批判批判をする人にはそこを一緒くたにして批判してくる人がいる。それはズルい。

あとクールハローが始まった時に「もっとダサいのが着たい!」ってツイートがあったのをいまだにずっと引きずってて、2年近く経ってる今でも「ほらダサいよ?着ろよ?」みたいな煽り方をする人がいるけど、それはダサいを恣意的に運用しすぎ。そのダサいはきっとメンバーデザインがほしいって意味のダサいだ。これも恣意的な解釈だけど。ダサいって意味で言うなら素人がイラストレータで30分で作ったみたいな今のTシャツこそダサい。いやダサいんじゃない。手抜き。しかもその個人のツイートをクールハロー批判派の総意みたいに使う。ズルい。気付くとUF批判でなくなっている。いけないいけない。文字ちいさくしておこう。

 

クールハローの発端はそもそもBDTシャツだったと思うけど、今までメンバーに描かせてファンがそりゃもう易々と満足していたBDTシャツを、わざわざ素人イラストレータ作品に変える理由が本気で解からない。だってどっちもお金かかってない。コストが減るわけでもなく満足度だけ減らしてる。

さらに赤がカラーのメンバーに、ちょっとだけ外して臙脂のTシャツをあてがう意味が解からない。黒なら解かる。黒ならまあ解かるよ。でも臙脂て。だってコスト減ってない。臙脂にするなら素直に赤にすればいい。もはやあえて購入意欲を削いでるか、ひねくれ者のどっちか。

クールハローって言葉を使うから解かりづらい。ただ単に手抜き。最近のTシャツは本当に手抜きだなあと思うし、素人でもまちがいなく作れる。というかUFの素人デザイナーが作ってるんだから当然。

近頃の現場では自作Tシャツ・市販ネタTシャツが本当に増えた。

つまりその分ハローにお金を落とさなくなった。それでもまだ止まらない手抜きデザイン。あんまりにも考えてることが解からなくてちょっと怖い。

 

第2位 スマイレージの改名

きたよ。この話題は「3期メンバーの増員」とセットだった、ということが重要。

モーニング娘。のように、スマイレージがずっとずっと続くグループになるために“増員”して、同時に、新たなグループ像を打ち出すために“改名”する」という、一つの文章内で整合性が取れない離れ業をやってのけた。

事務所の一貫しない行動の最たる例。しかもこれは一つの話題の中に盛り込んでるから近年最強。

さらに「6人のスマイレージが6人のスマイレージというグループを演じる舞台公演が間近に迫っていた」って要素も加わるともう無敵砲台。近付く者みな撃ちのめす。

ちなみに「あやかのんの二人からスタッフさんに提案した」って設定は、わりと早々にうっちゃられた。うっちゃり系女子。

アンジュルムって名前は良いと思うし、かななんの考えた名前に決まったのはホントーにホントーに良かったと思うけど、じゃあスマイレージじゃダメだった?って訊かれたらその理由も見つからない。改名がそれほど注目を浴びたわけでもなく、ようはメリットが特になかった。ただただ継続性が失われた。あと音楽プレーヤーでアーティスト名からまとめて聴けなくなった。

「私たちはスマイレージからアンジュルムに改名して…」って話を改名当時つねにしなきゃいけなかったし、場所によってはいまだにしなきゃならないのがスーパーデメリット。

SF!演出家さんのブログ貼っときます。

『SMILE FANTASY!』開幕直前。 :: 末満健一の「愚筆愚考」|yaplog!(ヤプログ!)byGMO

f:id:sayurumoon:20151004210402j:plain

めいめいの打ちひしがれ方は名作 

 

第1位 曲名も解からない予約イベント

自戒の1位。

福田まろさんラストシングルが11月11日に発売されることになり、なんとその予約イベントが9月からはじまった。

まだ新曲の名前すら発表されてないうちに。メンバーも「まだ何も新曲の話を出来ないのに予約していただいて…」と言わなきゃいけないような時期のイベント。

それにくわえて個別系イベントももう開催された。しかも元からあった前シングルのイベント日程に後からのっける形で。これは11月29日でまろが卒業するため、その前にイベントをやって売りたかったからじゃないかと推測しちゃう。

売り方が何でもアリになってきている感がある。音楽を売る矜持みたいなものはなくなって久しいし、予約している自分にもない。名前も知らなかった新曲のCDが11月11日には何枚も届く。

良くないなあとは思う。けどたぶんもう戻れない。ポイントオブノーリターンははるか前だった。

 

戻れないなら行くしかないのでこれからも予約イベントに行きます。

そしてレポる。別に目的とかないけど。メンバーが可愛いことを可愛いと言うだけ。

レポは重なってこそ忠実みを増すので、みんなこぞってレポりましょ。

 

f:id:sayurumoon:20151004211830j:plain

ここまで書いてから、ウル虎スマ夫・U/F ONLINEとの死別を思い出した。これ3位だ。

 

 

勝田里奈さんがこれまでにソロで歌った曲目リスト

 

勝田里奈さんがこれまでにソロで歌った曲目リスト。

何らかの参考に。

 

■□■

 

★「チョトマテクダサイ リリースイベント」
せんこう花火
恋ING

★「2012BDイベント」
春 ビューティフル エブリデイ
桃色スパークリング

★「ドットビキニ リリースイベント」
桃色スパークリング

★「ガチキラ」
たんぽぽ
恋ING

★「ちょいカワ番長2012秋」
歩いてる

★「立川ハロショ臨時店イベント カンシャ、カンゲキ、アメ、ハロショ!」
初恋サイダー

★「2013BDイベント」
オシャレ!
涙の色
晴れ 雨 のち スキ
歩いてる
恋ING

★「ひなフェス2013」
甘酸っぱい春にサクラサク

★「スマイレージ2期メンバーイベント~ クワッドスマイル~」
赤いフリージア

★「2013バスツアー」
Yes! All My Family

★「スマイルチャージ2013秋」

あすはデートなのに、今すぐ声が聞きたい
学級委員長

★「ハロコン2013冬」
My Days for You

★「2014BDイベント」
桜チラリ
ベーグルにハム&チーズ
レモン色とミルクティ
tomorrow

★「はもくむ/すすきの シリアルイベント」
初恋サイダー
Tomrrow
恋ING

★「SMILE FANTASY!」

あすはデートなのに、今すぐ声が聞きたい

★「フルチャージ2014冬」
私たち(※西野カナ)

★「2015BDイベント」

甘酸っぱい春にサクラサク

VERY BEAUTY

School Days

私の心

まつげの先に君がいる

告白の噴水広場

OVER THE RAINBOW

★「アンジュルム スターティングライブツアー2015スプリング」

恋愛♥ライダー

★「FIGHTING NINE 2015夏秋」

Memory 青春の光

★「九位一体2016春」

 VERY BEAUTY

★「2016BDイベント」

オシャレ!

揺れる想い(※ZARD)

OVER THE RAINBOW

 

■□■

アイドルライブハウスへのネガティブキャンペーン

 

北海道ではウニとイクラとジンギスカンを食べました。

 

――――――

 

今までアイドルのライブハウス公演を敬遠していた人の足をさらに遠のかせる、渾身のネガキャンブログを。

なんかやってること根暗すぎやしないかと思いながら書きあげた渾身の根暗。

アイドルライブハウスはいろいろ大変だよ、という話。

ホールがあること前提の生ぬるい立場からのブログ。

ついでに入場の手順や雰囲気も伝わればいいなと思ってます。

 

■□■

 

最初にライブハウスの良いところ。公平に。

 

・メンバー同士の距離・距離感が近い

・ステージとファンの距離が近い

・立ち位置を選べる

・一体感のある盛り上がり(じぶんはあまり感じたことない)

 

以上。 

メンバー同士の距離が近いので、アイコンタクト、笑わせあい、ちょっかいなどなどが頻繁にあります(アンジュルムだからかも?)。

ファンも近いので、その様子がよく見えて心温まります(前方なら)。

上手か下手か中央か、好きなところで見れるのは良いところ。とは言えそれも前の方の話。後方なら前の人が大きくないとか大人しそうとかそういうところから立ち位置を選んだ方が良いしそれしかないけど。

 

ライブハウスは、前方後方のみならず、とにかく立ち位置によって楽しめる分量がまったく違うので、統一したメリットは見つけ辛いなと思います。

前で入ったらそりゃ楽しいよ。近いからね。前と後ろじゃ楽しめる分量が8倍は違う(当社比

 

 

さあ、張り切ってデメリットを書くぞ。

 

○見えない

きっとライブハウスが敬遠される理由の大きなひとつ。肝心のステージが見えないこと。

これはその通り。上手側しか見えない、ちらっと頭だけ見える、前の人が左に傾くと右が見える、そんなことはライブハウスではたびたび起きる。「整理番号が若ければ見えるのか」と言うと一概にそうとは言えなくて、

・整理番号

・会場(ステージ高、横幅、段差の有無)

・じぶんの身長

・場所選び

この辺が影響してくる。会場名を出すと、例えば岐阜Club-Gは段差が多い会場なので200番でもまともに見える。例えばヘブン○ロックさいたまは、40番でもストレスなく見るのは厳しいかもしれない。きらい。

今からハローが使うライブハウスはもうたいがい一度は使ってるので、調べてみると良いと思います。会場大事。画像検索して雰囲気掴んでおくの大事。横浜Bay hallとか何も知らずに入ったら戸惑って立ち尽くすから。ステージ高1メートルあったらイイネ!

あ、女性はちょっと事情が違くて、ライブハウスにも女性エリアが作られるので、すこし整理番号大きくても見えるかも。エリアのことを知らなくて一般エリアに迷い込んじゃう女の子をたまに見るのでお気をつけて。たいてい上手か下手の最前から。

あとは背の高い人とか跳ぶ人の後ろを避けるとかそんな感じ。まあアンジュルムの場合はほぼ跳ぶ人はいません(壁際・後方のぞく)。ほぼね。サイリウムも顔の前までしか上げない人がけっこういて、そのへんライブハウスを転戦してきたおたくのキャリアと空気を感じさせる。あまねく楽しめたらいいね。

 

○パーソナルスペース

ホールには座席があって仮初めのパーソナルスペースがあるけれど、ライブハウスはそれがないのでこわい。そんな話。

これはアンジュルムだとあまり心配いらない。かな。みんなじぶんの場所を確保したらもうじーっと動かないから。モッシュとかありません。モッシュするとリーダー直々に注意入ります。て言うかアイドル見に来てモッシュやめて。

 

○荷物

じぶんはこれが一番イヤ。

ライブハウスで大きな荷物を持ち込むのはマナー違反。たいがいコインロッカー(orクローク)があるので、荷物は預けましょう。

ただ、どうしても必要な荷物ってのがありまして。UFはライブハウスでもほぼ必ず2公演なので、荷物ぜんぶ放り込んで、終わったら即撤収ってわけにもいかず。じぶんも含め多くの人が小っちゃいバッグを持ち込みます。これがね…邪魔なのよ…。ライブ中なにをするにも邪魔。見えない以上のストレス。買った日替わり写真が折れ曲がる(涙)かつたさんがめちゃかわなやつ折れた(涙)

昼夜のあいだで一回取り出してまた預ければいいじゃん、っていう富豪の意見は聞きません。

ざっと荷物をリストアップすると、

サイリウム(使うなら)

・財布(昼夜のあいだお金無しは辛い)

・チケット(夜公演チケット持って昼に臨まなきゃ)

・ドリンク(買わされる)

冬なら上着、雨なら折りたたみ傘の必要が出てきてこれもう無理だろ。風雨に震えるおたくの姿が見られます。解決方法もない。

書き忘れたけど、ライブハウスにはドリンク代システムがあって、入場時に500円(消費税upで600円になったところもある)払わなきゃいけないから、あらかじめ準備を。払うとなんかしらの引き換えアイテムをくれて、中でドリンクと引き換えられます。これも荷物。昼夜で2本だよ。

 

○見られる人が少ない

キャパが少ないんだから見られる人も少ない。ライブハウスに来ない人はぜったいに来ないんだから、その人たちには見られることもない。どれだけ良いライブをやっても必ず見落とされる層がいる。もったいない。

 

○レポが少ない

1公演あたり300人とか500人とかしか参加してないんだから、当然つぶやく人も少ない。しかも後方はほとんど姿が見えてないので、歌声やMCのレポしか出来ない。じぶんのようなtwitterに棲息してる人間には痛手。twitterを見て「なんか楽しそうだな。行ってみようかな」って感じることはみんなあるはず。

みんなレポってこぞってレポって。未来(レポ)は僕らの手の中。

 

■□■

 

なんとなくライブハウス回りはグループの動員力のせいにされてるけど、利益が出るライブハウスを事務所が選んでるだけだし、探せば中途半端なホールってあるんでないのって思うし、加えてライブハウスで6000円(+500円)の値段設定は相場から見るとかなり高めだし(追記:2016年アンジュルム春ツアーは会場別の値段設定で6000~6500円)。

このギャップを埋めるための終演後握手会だし。

5月26日武道館のチケットは6800円だよ。

 

メンバーも長くやって来たライブハウスツアーで、客側の不満が解かってるから、後ろの見えない客に気を遣ったり、推しジャンをみずから注意したりしてるみたいで。

推しジャンやモッシュをアイドルご本人に注意させちゃうのは良くない。

 

アンジュルム札幌・小樽に参加して、見えたり見えなかったり荷物が邪魔だったりしてひなフェスよりやり辛くて、アンジュルム武道館の後にもライブハウスの追加があって、juiceは220公演チャレンジで、なんかもう当たり前のようにライブハウスを使うから、ちょっと文句を言ってやるぜと思った…んだけど、滋賀のTLを見てたらたのしそうすぎて「え…このブログどうなの…」って思いながらけっきょく書いた。

「だからホールでやろうよ!!」と言うよりも「ライブハウス大変なんだよ!!」と言いたいブログ。

 

今後も行く、けど。ぶっちゃけたことを言うならもう一般販売で買うつもりはなくなっちゃってて。FCで当たらなかったらドナドナ闇市場へ行く。見えないのはダメ。一般販売で買ったチケットでストレスなくライブを見れるなんてことはない。終わりごろになって急にネガキャン感出てきた。

 

ライブハウスならではの楽しさってのはたしかにある。気がする。

が、その言葉を後方で入って言える気はしない。

ライブハウスはお家みたいな感じってあやちょは言うけど、

ホールをお家的な雰囲気にしてみせてほしい。

オリンパスホール八王子やハーモニーホール座間の最後列たのしかったよ。

 

おわりー。