SEPTEMBER ENDs

オレンジ

勝田里奈さんのバースデーイベント2019に行ったpart2

 

即本編。

 

■□■

 

2公演目。

勝田里奈さん笑顔で登場。

後ろに来て盛り上がっているメンバーを見て笑う勝田里奈さん。

 

『Q.今日の衣装について』

買いに行ってはいないんですけど、こういうのが良いですってイメージを伝えて、衣装さんが選んでくれた」「ロング丈が好きなので

f:id:sayurumoon:20190409191222j:plain

 

 

ここで鈴木愛理さんからバースデーメッセージ。

VTRに合わせてハッピーバースデーを歌う。

見るたびに女子力が上がる」「9割足」「9割足」「ご飯行きましょー」と仰っていた。

 

■□■

 

ここで歌のコーナーが入る。

1公演目で書いたこともありやむなく省略。

涙は目の縁までいった。

本当に素敵だった。

 

■□■

 

★キャンパスライフの写真を見てトークコーナー

 

『卒業式の日に学校の20階で卒業証書を持って撮った写真』

これは集合写真を撮るからって待たされてる間に撮った写真ですね」待たされてるっていう表現がさくっと出るあたり好き。

啓太から『ファッションの大学の卒業式は服装も違うのか』という質問。

袴は着ないですね。いましたけど、私服っていうか、こういう方(赤のドレス)が多かったです。袴って大変じゃないですか。成人式で着物欲は果たしたと言うか

啓太「どう? 寂しかったりするの」

まだ1ヶ月なので、寂しさよりもホッとしてる気持ちの方が大きいですね

ハローに短大に通ってた人がいなかったので、共感出来ないし、話を訊く人もいないから。和田ちょからはいっぱい話を聞いてたんですけど

「(大学生活を乗り切れたのは)先生たちとの関係が良すぎて。それが大きいですね」「ママがいっぱいいるみたいな。オススメしたいくらい文化学園大学短期大学部ファッション学科は勝田里奈さんオススメ。

 

 

f:id:sayurumoon:20190409215300j:plain

自主製作ブラウスの写真。

 

キャンパスライフの写真がぜんぜんなくて、茶化す動画はあったんですけど。『寝てるー』みたいな勝田里奈さんの学園生活気になりすぎる。

襟なし袖なしのブラウスとスカートを作る課題で、私ボタン付けも出来ない人だったんですよ。めっちゃバカにされたんですけど

そんな私も卒業出来ちゃう

啓太「オススメです」

文化学園大学短期大学部ファッション学科は勝田里奈さんオススメ。

 

 

f:id:sayurumoon:20190409214520j:plain

 

これヴィンテージの一点物なんですけど、みんなファッションが好きだから、かぶりとかめっちゃ気になるんですよ。価格帯も同じだし、かぶっちゃったりして。絶対かぶらない一点物にしました

 

■□■

 

★ファッションチェックコーナー

 

グレーのシャツを着た男性に対して「グレーっておじいさんのイメージある」と勝田里奈さん。

明るい色着れば良いと思いません? 地味に生きることないじゃないですか」って台詞は人生訓かのようで感動した。

 

次に選ばれたのはこのコーナー初の(そして唯一のだった)女の子。

私が好きなのはボトムスを白っぽくするやつ。その服装に白のボトムスが良いと思います

急に優しいファッションチェックになってツッコむ啓太。

 

次はジャケットを着た坊主の男性。

探偵みたいな格好してる」探偵ゲラゲラ

野球部でした?」野球部ゲラゲラ

啓太「それファッション全然関係ないじゃないか!」

いまどき坊主ってなかなかいなくないですか」坊主ゲラゲラ

啓太「いるよ!」

「(ジャケットのエルボーパッチを見て)なんですかここに貼ってあるやつ。肘置き?」肘置きゲラゲラ

それなくした方が良いと思います

天才だなあ。

 

スーツの男性。

啓太「スーツの男性はどうですか?」

何がですか?」意味が解かってないご様子の勝田里奈さん。

スーツの男性を良いと思うかと訊くと、

何も感じない・・・

笑う会場。

お仕事がんばっていらっしゃるな

スーツではアドバイスをすることがなくて、ネクタイに目をつける勝田里奈さん。

好きな色はなんですか?

「オレンジです」

あー、オレンジネクタイさっき批判したんですよ

笑う会場。どっかんどっかんだな。

ネクタイ茶色にしたらいいんじゃないですか。茶色ってオシャレなんですよ

 

■□■

 

★質問・お願い事コーナー

 

『Q.食事制限ってしてるんですか?』

ないです」「スマイレージの頃に、マネージャーさんに太ってるって怒られたんですよ(おなか触って)。それは誰もが通る成長期で。でも食べるのをやめられなくて、太ってるけどまあいいやって。自覚はあったけど

夏をきっかけに痩せました。夏って信号待ちしてるだけで汗かくじゃないですか」そう・・・? という空気になる啓太と会場。

健康を考えるなら、三食ちゃんと食べた方が良い。どこかを削るとかじゃなくて三食食べるのは大事です

 

『Q.緑の髪色が好きでした。次にしたい髪色は?』

(緑の髪にしている時に)シャ乱Qのまことさんがすごく絶賛してくださって。ハロコンでも『ここに緑入れたんです』って教えてくださって

啓太「え? まことさんが入れたの?」

そうですそうです

まことさんは昔から緑を入れていて緑が大好きなんですよ、と勝田里奈さんからのまこと情報。

今のハローは黒が当たり前の中で、『良いですよ』『こう言うのが好きです』ととても褒められたとのこと。

次にするなら、外人さんっぽい明るい茶色にしたいです

啓太「また褒めてくれるかも」

いや緑じゃないと褒めてくれないですよ」まことはなんなの。

 

『Q.好きな衣装は?』

赤の肩がボワンとなったやつに、黒のハイウエスト。分かりますよね?

f:id:sayurumoon:20190409222436j:plain

その時のツアーはちょうど私が意見を言わせていただいていて、上半身はボリュームがあって下半身はハイウエストって提案をしたんですよ。それからハイウエストが定着していって

 

『Q.先輩に気に入られるには』

えー? 気に入られたいと思って気に入られにいってるわけじゃないからなあ」カッコよ。

 それに関しては先輩次第なところもある、と勝田里奈さん。

例えば鈴木(愛理)さんは、モニターとかずっと見てくださっていて、気付いたこととかここ良かったよとか話しかけてくれるんですよ

あんまりガツガツいくのも違うじゃないですか下の分際だと」分際。言葉がつよい。

ちょっと話しかけてくれた時に頑張って話すとか

 

『Q.メンバーとしたいことは』

(後方のメンバーを見ながら)お花見? お花見?」後輩を見るお姉さんの笑顔。可愛い。

あと夢の国にも全員で行きたいし

啓太「新メンバーも?」

そうですよ。何でハブるんですか」くちびるをとがらせてた。

 

■□■

 

勝田里奈さんファンでいて良かった、と思った。

溢れて流れる色んな感情に、形を与えて名前を与えて心に置くのは、すごく難しかったけれど、「勝田里奈さんのファンでいて良かった」その思いは感情にいちばん近い気がしたから

この日はこれで終わります。

 

■□■

 

 

 

 

勝田里奈さんのバースデーイベント2019に行ったpart1

 

たぶんあれ纏だよ。

 

■□■

 

勝田里奈さんのバースデーイベント2019に行ってきました。

いつか忘れても思い出せるように、書き記しただけです。

たぶん長くなるのですぐ本編入ります。 

 

■□■

 

入場。着席。ドキドキ。

 

勝田里奈さん笑顔で登場。

衣装は黒のロングワンピースに赤のスカートが裾からのぞくワンポイント。

ニコニコの笑顔で客席を見渡す勝田里奈さん。

めちゃめちゃ可愛い。

はちゃめちゃ可愛い。

とてつもなく可愛くて、いまタイプしていてもあの可愛さに到底届かなくてもどかしい。

 

f:id:sayurumoon:20190409191222j:plain

(写真可愛いかろ? 実物さらに可愛いから)

 

『Q.21歳になった瞬間は何をしてた?』という定番の質問。

 

あのー、何だったかな、金曜ロードショー見てて。その余韻に浸ってました。たぬきのやつ

結構遅くまでやってて、見終わったあとやっぱ面白いなジブリと思っていたら(4月6日に)なってるじゃんとなったとのこと。

バースデーぽんぽこ。

 

バースデーメッセージは0時1分にれいら(伊勢鈴蘭ちゃん)からきていて、

何か若いときを思い出して。若い時って誰が一番に遅れるかとかむだに競ったりしてて、いちばん熱心だったのがめいだったんですよ

『Q.今は競ったりとかないの?』という質問に対して「今はないです。送らないし。次の日会うし」というそもそも送らない回答。

(送るにしても)0時には送らないですよ。起きてるか分かんないし」そうだね。

 

『Q.20歳になって違いはあった?』

お酒を飲めるようになったことが大きいですね。メンバーとか友達とお酒を飲みに行ったり。私はお酒飲めないけど

なんか楽しい。楽しくなりました

 

ここでオレンジ色のケーキ登場。「なにこれー」「何味なんだろ」「イチゴいっぱいで嬉しい」と喜ぶ勝田里奈さん。

 

■□■ 

 

今まではミニコーナーをいくつかやって、最後にライブコーナーを行っていたけれど、21歳のバースデーイベントは「いつもと違う形にしようと思って、今回は歌のコーナーから始めてみたいと思います」とのことで歌からスタート。

 

★セットリスト(5月7日の名古屋イベントのネタバレになるそう)

1.dearest.

2.#DMAF

3.君の好きな人

4.自信持って 夢を持って 飛び立つから

 

歌っている最中、勝田里奈さんの周囲が光り輝いていて、世界から浮かび上がっているようで、これがオーラ・・・? と思いながらじっと聴いた。

 

「#DMAF」は鈴木愛理さんがファンのことを思って作詞した歌。体が動かなかった。愛を込めて 歌を歌おう。心がいっぱいで、泣きそうになって、笑顔を浮かべて歌う勝田里奈さんを見ていた。

「君の好きな人」は自分が勝田里奈さんのことを考えながら聴いて共感する曲暫定1位で、それをご本人が歌うもんだからもう大変だった。形にならない感情で、やっぱり泣きそうになった。

「自信持って 夢を持って 飛び立つから」を素敵な笑顔で歌う勝田里奈さんを見て、もうずっと泣きそうで。少しでも目を離したくなかった。曲に合わせて突き上げる腕と指先がとても細かった。

 

ライブコーナーが終わり、「緊張したー。緊張したー。あっついあっつい」とお顔をあおぐ勝田里奈さん。

選曲については「歌いたい曲を詰めたって感じです」。

『dearest.』は前からぜったい歌ってみたいと思ってたんですけど、十代の頃は音域が出なくて、二十代になって大人になって、歌ってみようと思って

 

■□■

 

★キャンパスライフの写真を見ながらのトークコーナー。

 

f:id:sayurumoon:20190409195733j:plain

 

『Q.大学について』

大変の一言でした。両立ってこんなに大変なんだって。和田ちょとかすごいと思ったし、ホントに大変でした

それでも好きなことだから続けられた、と勝田里奈さん。

次の授業までに、とか課題はないけど、テストの期間はまとめて出るので大変でした

(服の)シルエット、パーツの名称を覚えるのがすごく好きで、評価も良くて。勉強って言うより楽しかったから

 

f:id:sayurumoon:20190409203036j:plain

ワンピース制作の授業で、約半月かけて作ったワンピース。

友達や先生に助けられながら完成したとのこと。

 

●『卒業パーティで食べたお肉とワイン&シャンパンの写真』

(初めて飲んだワインが)まあマズくて、マズくて、ホントにマズくて。最悪でした

友達もワインだめみたいなことを言ってたんですけど、初だったんですよ。だからシャンパンと違って飲めるかなと思ったらちょーマズくて。もう飲むことはないです

(お肉については)めっちゃ美味しかったです。良いんですよ。良い赤さ。何て言うんでしたっけ。良い肉って赤いんですよ」おにくの良さを語る勝田里奈さん。良い。

 

■□■

 

★ファッションチェックコーナー

 

紺のシャツと黒のパンツを着た男性に対して、

地味ですね。地味すぎてつまらない」「オシャレしてきたんですか今日は?

と一人目からとばしていく勝田里奈さん。

 

オレンジネクタイをしたスーツの男性には、

ネクタイのオレンジは合わせてくれたんですもんね」そこはしょうがないと飲み込む勝田里奈さん。

同じくオレンジのネクタイをした啓太が「オレンジは何に合わせれば良い?」と訊ねると、「オレンジは何にも合わないですよ」とオレンジネクタイ全否定。

メガネ外した方が良いです。メガネかけてる人あんまり好きじゃないんですよ」と高いメガネ率の会場で言い放ち、それではとメガネを取った男性に対して「取っても別に・・・(笑)」と笑う勝田里奈さん。

天才だなあ。

とても笑った。

 

■□■

 

★質問・お願い事コーナー

 

『Q.スマ時代のキャッチフレーズをやってほしい』

365日笑顔ガール、勝田里奈でーす

もうやらないのかと訊ねる啓太に「そんなに笑ってないですし。そんなに笑ってないですもん今」とすごく正しいことを仰る。

 

『Q.将来作るブランド名は決めているんですか』

ブランド名は決めてないですけど、私アースカラーがすごく好きなんですよ。あたたかみのあるくすんだ色が好きで、そういうのをコンセプトにしたブランドとかやってみたいですね

啓太「りなぷーとか入れないの?」

絶対入れない。絶対入れない。ぷーとか・・・」ぷーの扱いがぞんざい。

りなぷーのブランドだと分かりやすくなる、と言う啓太に、

分からなくて良いんですよ。着てくれる人が着てくれれば、私は出しゃばらなくて良いんですよ」と真剣なお顔で答える勝田里奈さん。グッとくる自分。

 

『Q.友達が出来ません』

私は自分から話しかけた、とりあえず隣にいる子に話しかけてみたら、SNSに好きな物を載せて食いついてきてくれた子に話しかけるとか、と色んなアドバイスをしながら「でも私クラス制だったので」を10回くらい言う勝田里奈さん。勝田里奈さんの中でクラス制はとても友達が出来やすいものらしい。

 

『Q.肌がつやつやでうらやましい』

乾燥肌なんですけど。これはオススメの化粧品があります

m.m.mのスキンスムーザーだそう。WEARに載っているので参考にしよう。

 

『Q.アメリカで集まる予定はありますか』

ないです」即答短文。

啓太「予定もなし?」

ないです

まだ一人しか辞めてないから、三人はずっといるし、もう一人くらい辞めたら・・・」センシティブジョーク!

 

■□■

 

勝田里奈さんの自然な笑顔をカメラで撮ってお客さんにプレゼント。

自然な笑顔を撮るべく、ちっちゃな子犬と、革張りの椅子が運ばれてくる。えらい。

さっさとマイクを置いて、子犬を抱いて、椅子に座る勝田里奈さん。子犬を可愛がる様子に会場から「可愛い・・・」と声が漏れる。

ホントに可愛い。人に生まれて負け。

 

啓太「犬派ですか?」

犬派です

かみちゃんがすごい猫派で、たくさん写真見せてくれるんですけど、色んなかぶりものさせられてて可哀想・・・」ハッハッハ。

disられている上國料さんは2公演目は客席にいたので楽屋にいたかもしれない。

 

■□■

 

『Q.21歳にやりたいこと』

んー、何だろ。ファッションが好きなので、ファッションの分野で何か形になることが出来たらと良いなと思います。何でも良いんですけど、それでみなさんに嬉しい報告が出来たら

こちらに報告が出来たら、なんで言葉につながると思っていなくて、びっくりして、すごく嬉しかった。

 

■□■

 

泣いてしまいそうで、とびきり可愛くて、笑顔が嬉しくて、お話が面白くて、他にも何か色々。色んな感情が心に溢れていそがしかった。

とても素敵な一日になっているんだけど、このあともう1公演あるんだよ。

 

■□■

 

2公演目はpart2へ続く。

 

 

 

演劇女子部「アタックNo.1」を観に行った

 

中条あやみさんと上國料萌衣さんの顔は可愛すぎてびびるTOP2。

 

■□■

 

演劇女子部「アタックNo.1」観てきました。

 

f:id:sayurumoon:20181201215035p:plain

(ギャグとしてはハイセンスなビジュアル)

 

感想書いていきます。

出来れば読む前でも読んだ後でも良いけど観に行ってほしいな。

 

■□■

 

まずは演出家さんのインタビューがめちゃおもしろコンテンツだからこれを観て。

 

www.youtube.com

 

今回の舞台、ストーリーは知っているようなものだった。

原作の「アタックNo.1」を観たことはない(観ようとしたらNETFLIXからちょうど消えた)。

観たことはないけれど、原作から設定も物語も変更されているけれど、何故か知っているような気がするし、実際知っているように観ることが出来る。

王道のスポ根。

友情であり、努力であり、勝利である。

 

正直に言えば、ストーリーはおもしろくない。

おもしろくないと言うのも違うかもしれない。

驚きがないとか、そんな言い方の方が近いか?

 

腕力強化のために手首に鎖を巻く時代の話を、自分はツッコまずには観られないんだよ。

 

全体としても、本来ならアニメ1クール分とも思える内容を、だーんだーんとだるま落としして2時間に詰め込んでいるから、初回はその速度感にかなり戸惑った。

ただ2回目からは、「ああここまでがアニメ1話分なんだな」と思って観るようにすると、省略されている部分を補完出来るようになって、なんとなく飲み込みが良くなった感じがする。

 

適当に並べると、

 

第1話 早川みどりとの出会い(舞台では5分)

第2話 バレー部キャプテン大沼みゆき(〃)

第3話 新バレー部と石松(〃)

第4話 バレー部vsバレー同好会(〃)

第5話 新しい仲間たち(〃)

(この辺で寺堂院高校に一度負けてる。黒子のバスケで言うと6巻)

第13話 新しいコーチ、スパルタ特訓

第14話 コーチとの確執

第15話 コーチとの和解

第16話 いざ地区大会!

みたいなね。

アニメなら1~2話かけてやる話を5分でぶっとばしてるんだ、と思って観ることでようやく腑に落ちた。

スパルタ指導に対して、「コーチのやり方には賛成できません!」から「もっと厳しい特訓をしてください!」になるまで舞台では約1分間の出来事だけど、きっとアニメ2話分くらい使ってるんだよ。

 

と言うわけでストーリーは、スポ根好きの人は楽しいんだと思うけど、新しいものが観たい自分には向いてない。

 

だけど、自分は4回観て4回泣いている。

その涙がどこからきたのかと言えば、きっとメンバーの迫真によるんだと思う(ここで最初に貼った動画に戻る)。

 

■□■

 

今回の舞台は、メンバーの演技を観るのがとても楽しい。

選んで3人。

 

佐々木莉佳子さん

まず可愛い。

莉佳子の演技はディテールが上手い。台本上の台詞の行間、吐息や、言葉遣い、動作。書かれていない部分の表現。それらが積み重なって、京子の感情に迫真がある。台詞が台詞じゃなくなる。

石松を引き留める時の「待って」とか超良い。

 

室田瑞希さん

役柄がそもそもむろに寄り添ってる。星田さんのインタビューにもある、元気印でありながら、ナイーブなところ。

むろのシーンは脚本も大変良い。「バレーが上手くなりたいよ・・・!」「スポーツでこんなに悔しいの初めてだよ」。

三井寿の「バスケがしたいです・・・」ばりの名シーン。世界が終るまでは流そう。

ここで4の4泣いてる。

 

この二人がライバルであり、友情であり、支え合っているというのが、莉佳子とむろたにも見えてしまってまた泣く。

 

勝田里奈さん

なんでも出来るなこの人。

かつたさんの歌が始まると舞台の空気が変わる。こずえを励ます姿が強くて優しくて、観ているだけなのに励まされたような気持ちになる。「こずえなら出来る。出来るよ」って台詞が心ごと背中を押してくれる。言われたいわー。励まされたいわー。

ホントに歌が綺麗で素敵だった。「アタックNo.1」にはオーバースペックだぞ。

病院のシーンでベッドに横たわったまましゃーっと舞台袖から運ばれてきて世界一似合うと思った。

 

■□■

 

それぞれの演技を観るのが楽しい。

演出家さんのインタビューを思い出しながら、結果を受け取るのが楽しい。

 

キャラクターとしては、笠原桃奈さんの演じるすずめが可愛くて好きかな。かっさーの愛らしさがキャラクターに活きてる。すずめの実況シーンが好き。かっさーの見つけた表現を観ているのが楽しい。

あと、体操服姿の上國料萌衣さん(19)は、上國料萌衣さん(19)を知らない人に「この子小学6年生」って紹介してもワンチャン通せると思った。小っちゃい。可愛い。

(ここに体操服画像を貼ってください)

 

■□■

 

色々書いてきたけど、いちばん好きな台詞は川村文乃さんの「私たちが最強」。

最強。

めちゃくちゃ好き。

あのパートまで何も起こらなくても40分待つよ。

喰い破らんばかりの川村ちゃんをぜひ劇場で。

 

f:id:sayurumoon:20181202112133j:plain

かつたさんがアタックする姿が見られるのはエンディングだけ!