読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEPTEMBER ENDs

オレンジ

「大人の麦茶 第23杯目公演 おしり筋肉痛」を観てきた

 

雨だったり晴れだったりした。

 

■□■

 

大人の麦茶 第23杯目公演 おしり筋肉痛」観てきました。土日。

 

f:id:sayurumoon:20170425020417j:plain

 

自分はハロープロジェクトのおたくなので、なにかと馴染み深い大人の麦茶

今回はtwitterで「石井杏奈さんの舞台はまだかな」とつぶやいたら親切にもフォロワーさんがこの舞台を教えてくれました。

やってて良かったtwitter

 

■□■

 

この舞台で主役と言えるのは「なかみん」というあだ名のおじさん。

しかし物語としては群像劇で、すべてのキャラクターに物語があった。

最初は謎だった部分、ふしぎだった台詞、解からなかった登場人物の関係性がじょじょに明らかになっていき、つながっていく。

土曜日の昼に初めてこの公演を観ながら「この後の公演も買っておいて良かったー」と思った。

知った上でもっかい観たいと思ったから。

なんでみおりんはロボットだったのか。立羽に頭をぽんぽんされた時のリアクション。ジュンペイ登場時の青奈の行動の意味。しずくが週報を渡すシーン。なかみんが青奈の話をしている時のマッカーサーのリアクション。その他もろもろ。

2回目以降は(なるほどなーあーなるほどなー)と思いながら観た。

 

主役のなかみん。

糖尿病になってしまって、大好きなお酒が飲めなくなってしまったことを泣いて悲しむおじさんなんだけど、本人が台詞で言うとおり、まーでたらめ(笑)

仲間のおじさん、トベも解かりやすくでたらめだけど、なかみんもたいがい。

「お酒を飲むことは体が夢を見ることだ。心が夢を見ることだ」って良い台詞に感じてしまうけど、たぶん酒飲みの妄言だし(笑)、酩酊して気絶するように眠る以外に眠り方が解からないってダメ人間みがすごいし、なんとかまたお酒を飲めるようにするよりも体壊したんだから生活を改善しようよ!って思ってしまうけど、それでも、なんかうらやましいなって感じるところがある。

新宮さんじゃないけど、「あっち側行きたいな」ってちょっと思う。

自分はあんなにでたらめに生きてこなかったから(笑)

でも穴は開けないよ!

 

なかみんはもちろん、全ての登場人物に愛される良さと愛されるダメさがあって、まあ愛されないダメさもあったけど(笑)、でも魅力的だった。キャラクターというより人間を作るのが上手いなーと思った。最後は全員好きになるように出来てる。

立羽の掴みどころのないフワリと変わってしまう独特な雰囲気が好きだったな。立羽の、というよりも宮原将護さんの、かもしれない。

 

 

石井杏奈さん。

今回の舞台でも前回の舞台でも歌を聴く機会があったのだけど、すごく綺麗な歌声で好きなんですよね。

今回はいきなりロボで登場して(!)、それがすごく上手かったもんだから、まさかホントに自立歩行型のロボ役なのかと最初びっくりしたけど(笑)、違いました。恋に悩む女子高生でした。

物語のクライマックスを担っていて、みおりんのけなげさと切なさに、すすり泣く声があちらこちらから聞こえたなあ。

女子高生らしいはつらつさ、笑顔、でもどこか醸す可憐さ。今回はそれプラスロボ(笑)

可愛くて切なくてけなげで、最後はがまんしてのみ込んで、いい子だったなーみおりん。

お母さんがお金出してくれてるから学校は皆勤で通うって!なんていい子!

 

楽しかったです。

ありがとうございました。

そういえば「咲夏」を買えたので観るのが楽しみ。

 

■□■

 

2017年4月6日

 

2017年はじまりました。

 

――――――

 

勝田里奈さん誕生日おめでとう。

なんだかんだ変わらず好きでした。

 

f:id:sayurumoon:20170405220112j:plain

1年前。

 

 

f:id:sayurumoon:20170405221255j:plain

海楽しそうだった。

 

 

f:id:sayurumoon:20170405220433j:plain

おいしそう。

 

 

f:id:sayurumoon:20170405220452j:plain

楽しそう。

 

 

f:id:sayurumoon:20170405220523j:plain

素敵ほくろ素敵。

 

■□■

 

WEARに力を入れ、ツアー衣装のスタイリングをさせてもらえるようになり、ファッション関係のお知り合いもどんどん増えて。

かつたさんが望む世界に、ぐっと寄り添った1年だったんじゃないかなと思う。

次の19歳は、きっともっと。

かつたさんは自分で自分の世界を変えられる人だから、たくさんの夢を持ったかつたさんは、歩を進めるごとに、さらに目映い女性になっていくんだと思うけど、いつか、目が眩むまで見れたらいいなと思う。

 

望むことはないので、かつたさんの願いがスムーズに叶うことを祈ります。

もしスムーズにいかなくても、まあ、いずれ叶えるよかつたさんなら。

こんな無責任で厚かましい期待なんてどこ吹く風で、雪も溶け出す暑い夏まで、ふわっと飛んでいってしまうような、すごい人だ。

いつかきっと。

 

 

おわり。

 

JKニンジャガールsを見てきた(ネタバレします

 

検索をかわすべく。

 

――――――

 

見てきました。

舞台「JKニンジャガールs」(伏せ)

 

f:id:sayurumoon:20170227004242j:plain

 

最初に感想を。

つらかった(率直)

あと可愛かった。

序盤で「これあと2時間つづくの!?」とおののいたわけだけど、とりあえずこの後観に行くよ、観に行こうか悩んでるよって人はGO TO HOME。

もう観たよって人も、まああんまりおすすめはしない・・・

かつたさんが可愛いエントリの方を読んでください。

 

 

 

 

好みの問題。

こういうのは好みの問題。

きっと君はおもしろい。ハブアグッタイ。

 

要は自分は面白くなかった(可愛かった)

 

■□■

 

いきなりざっくりとストーリーをネタバレする。

観に行く予定の人はますます読まないで欲しい。

 

ニンジャガールズ大阪支部がクーデター、東京タワー消滅というミッションを与えられたなにわニンジャガールズと、それを阻止するよう命じられたJKニンジャガールズ(東京)は、お互いの素性を秒で見破り、争ったり特訓したり歌ったりしながら、一人と一人の間に友情が生まれ、二人で忍者やめようという話になるものの・・・

 

というような話。最後はさすがに濁しました。若干悪意があるのは認める。

 

 

以下感想

ファンクラブイベントかな?っていう(ひどいこと言ってる)

おたく向けもおたく向け。そうじゃない客なぞ来ない!という潔さはもはや気持ちいい。

「アイドルのパーソナルで笑いをとるのはタブー」っていうのがアイドル舞台を観る時の個人的な気持ちなんだけど、今回の舞台はそういう話じゃない。

もう役じゃなくて本人が笑いを取ってる。

 

今回の舞台には日替わりゲストが設定されていて、自分が見たのはアンジュのむろとタケの回だったわけだけど、

むろがフリーで即興ダンスを踊って、がんがん暴れて、たしかに会場の笑いはばかんばかん取ってたんだけど、いつものむろがいつも通り暴れて笑いを取ってただけで、舞台としてそれで良いのかと思う。

むろはすごかったけど。

日替わりゲストだからそういう役割でも、とも思ったけど、なにせこの舞台はここが笑いのピーク。

脚本で笑えたシーンを思い出せない。

どれもこぶしメンバーのパーソナルありきだった気がする。

たぶんあったはず。解かる人に訊いてください。

中盤でラーメン大好き、最後に辛夷の花を歌うあたりもファンクラブイベント感に拍車をかけてくる。

ていうかなぜ辛夷の花。

気絶とブギウギでギリだぞ。

 

ある意味潔かった。

ファンクラブイベントだったら楽しかったと思う。

 

ゲストのアドリブシーンにあったジャイアンのモノマネとか、もともとアイドルのモノマネ苦手だから辛くてね・・・twitterの評判を見るにやっぱり好みの問題だと思うんだけど、見終わったあと鍵アカに引きこもったおたくは絶対いる。はず。出てきて!ひとりにしないで!

 

ストーリーの話にうつろうかと思ったけど、「コメディだから!」と言われてしまうとツッコんだこっちが野暮、みたいな罠もあるので、案外ムズかしい。

実際ツッコんだら野暮なこともあると思う。

適当に箇条書き。

・コメディシーンだったものを歌で一気にシリアスシーンに持って行く展開が複数あってかなり無理がある

・いちばん大事なシーンとも言える、はまちゃんがれいれいに「二人で忍者やめよう」と持ちかけるシーンで、舞台両端に広瀬さんと藤井さんがいて、二人とも筒持って会話を盗み聞きしている、という状態を5分くらい見た。コントか。

・車に轢かれそうになったはまちゃんを助けるためにれいれいが自動車消したけど、あの車と運転手は・・・?(野暮)

・落ちこぼれ扱いのはまちゃんが実は物語のキーである消滅の術を使えるばかりでなく、一夜の自主トレによってそれを呼び戻す術まで習得してきた。自主トレ・・・

・ゲストのシーンが丸々必要ない。ファンをよろこばせるためだけのまさしくゲストのシーン

・ゲストがいきなりチャイナドレスで出てきたけど誰だったのあれ。役すらないじゃないか

 

はまちゃんは途中、友達の命をうばうのが辛い、そういうことをするのがイヤだ、ということで忍者を辞めようと決意するけれど、結局その辺のきもちは何にも解消されないまま物語は解決して終わってしまった。

辞めなくて良かったんだろうか。そこに立ち向かう決意みたいなものは出来ていないのに。

 

こっからバランスを取りに行くから。やれるやれる。

井上れいれいがとにかく可愛い。

さくらっこの歌声がばつぐんによい。

野村さん上手い(見せ場はないけど)。

劇団高瀬。

なにわニンジャガールズかどうかを見破る、というシーンを全部歌でやっていたんだけど、あのシーンおもしろかった。

やっぱり井上さんが可愛い。

1列目だったから、井上さんの頭身くるってるなあ・・・あたまちっちゃいな・・・と思いながら見てた。

あと見えない背後から通路をめっちゃ走ってくるからびびる。

 

一番の笑いどころがゲストのシーンだから、観に行った日によって印象が変わりそうなこの舞台。

「かみこどうすんの!?」

という興味はものすごいある。たぶんむろと同じ役をやることになる。

 

アドリブ一部。

教官タケ「(客席を走るこぶしメンバーに向かって)しの、しの、名前なんだっけ」

れなこ「篠山だよ!」

タケ「お前朝から『丸いっすねえ』しか言わねえよな。一応先輩だぞ気ぃつかえよ!」

 

ハブアグッタイ。

■□■