SEPTEMBER ENDs

オレンジ

和田彩花さんのバースデーイベント2017に行った

 

「ベロニカマダンテ」という単語をおととい知った。イイネ。

 

■□■

 

1ヶ月前の話になるけれど、和田彩花さんの23才バースデーイベントのブログ。

 

f:id:sayurumoon:20170831232142j:plain

 

今まで参加してきたハロプロのバースデーイベントの中で、マイベストバースデーイベントだった。

これが見たかったんだ。

こういうことをやって欲しかったんだ、と気づかされた。

twitterにぜんぶ書いたけど、そのくらい良かった、ということでブログにしました。

全体のメモはtwitterに書いたので部分と行間。

 

■□■

 

セットリスト。

1.あすはデートなのに、今すぐ声が聞きたい

2.パン屋さんのアルバイト

3.シューティングスター

4.しょうがない夢追い人

 

いやマジかよ、と。

イベント2部へ向かう電車の中で、セットリストツイートを読みながら、「1曲も変わってくれるな」と願った。スマホに。

どれも聞きたい。ぜったい聞きたい。1曲でも変わってしまったら悲しい・・・と怯えながら夜の山野ホールへ。結果的には変わらなかったwin。

 

電波不毛の地から、いつの間にかバリ3ホールへ変貌を遂げた山野ホール。恐れることなく到着即入場。

 

するといきなり謎の行列が。

なんだこりゃと見に行くと、その先にはあやちょのパネル展示が。

 

パネル! 展示! なんか写真もアーティスティック!(画像は探してください)

衣装で花と果実の冠をかぶったり(あやちょのリクエストで衣装さんが作った)、グッズにモノクロの写真を取り入れたり、とかくアートみが漂う会場。

 

入場着席。会場内にもおだやかな音楽が流れていて座ってのんびり待つ。

そして開演時間――

 

 

いきなりやられた。

いきなりの、コンテンポラリーダンス

うおお・・・と気圧される自分と、にやけそうになる自分と、ダンスの意味を感じようと見つめる自分と。

 

素晴らしかった。

つよくつよく心が震えた。

ダンスがすごく上手かったとか、表現をすべて理解出来たとか、そういうことではなく、もちろんあやちょは美しかったけれど、それ以上に、あやちょがやりたい表現をやりたいままに見せてくれていることが贅沢だった。

 

前述したグッズや衣装。

その後の美術講座。

スマイレージをテーマにしたセットリスト。

配布されたポストカードのデザイン。

 

あやちょが指示を出して、あやちょがやりたいイベントをやってくれた。

 

和田彩花展覧会だ、と。

見終わった後にそう思った。

 

ハローのイベントはすでにお決まりの形式が出来上がっていて、ほとんどのメンバーのバースデーイベントでは、セットリスト以外の部分には可愛さしかないけれど、本人がやりたいものを表現するステージ、自分のバースデーイベントをそういう場に使ったあやちょを見て、これが見たかったんだと思い知らされた。

その人が見せたいものが見たいんだ。

 

やりたいことをやる。

見せたいものを見せる。

言葉では短いけど、そう簡単に人に届く形にはならない。

あやちょが吸収する表現やアートは、あやちょの中できちんと咀嚼されて、その先であやちょ自身の表現に繋がっているんだと見せられた。

それはきっと日々考えていないと出来ないことで、その視点の高さこそに自分は忠誠を誓える。

 

個人の戦いじゃない。

アンジュルムでどういうステージが作れるかを見ている。

 

歴史の長いハローは、なにかと形が出来上がっている。

ライブも出来上がっていて、スケジュールも出来上がっている。

それは良いことでもあるし、悪いことでもあると思う。

きっとこっちが思いつきもしない楽しいことが、まだまだあるんじゃないか。気がつかないうちに、思考停止に陥ってはいないだろうか。

 

 

稀代の革命家・あやちょが率いるアンジュルムがどんな新しいものを見せてくれるのか。

破壊と創造にたじろぐまい。

進化と変化に乗り遅れまい。

サーヤレソレヤレエイヤサエイヤサ。

という気持ちが高まったイベントになった。

立ち止まっちゃいけないんだよ。

 

ホールコンサート、楽しみっすね。

 

f:id:sayurumoon:20170831233502j:plain

 

いちばんむずかしいのは破壊だと思う。

 

チケット、言うか言わないか。

 

根暗さぜんかい。

 

■□■ 

 

twitterに書くには少し長い。ブログに書くには少し短い。というブログ。

メンバーのチケット売り込み問題。

・・・問題って言うほど話題でもないし大したことでもないな。

メンバーのチケット売り込み案件。こんなとこで。

 

■□■

 

アンジュの名取、それにjuiceの金沢のホールコンサートが売り切れなかった。

その空いた席について、悔しいと語ったアンジュルムと、触れなかったJuice=Juice、という話。

「それぞれだね」みたいなツイートが回ってくるわけですが、なんでこのブログを書こうと思ったかと言えば、「空席に触れるのがイヤな人」勢力をツイートの裏側に感じたから。

twitterってネガティブな意見は黙して語らずってかたちになりやすいから、ポジティブvsだんまりの対決になって、ポジティブの一人勝ちになるよね。この話題に限らず。鍵アカを教えてください。

 

実際、どういうやり方がより良い明日につながっていくんだろう。

空席に触れること、メンバーが自らチケットを売り込んでいくことに拒否反応を示すおたくって結構いる印象で、その気持ちはたぶん自分も解かる。

体験したところだと、ハロプロ史上でも1位2位に入るワースト動画「ちょいカワ売れてません」の時に(貼らない)、自分はもうチケットを買ってその公演をワクワク待っていたから、「うるせーな純粋にコンサート楽しませろ」って思った。まああれはメンバーじゃなくて公式だけど。出来がわるすぎたけど。

 

メンバーが空席みたいな生(なま)い話に触れることへの拒否反応は、なんとなく解かる。

解かってたんだけど。

 

でも、ららぽ豊洲の即売にメンバーのアイデアで武道館のチケットを持ちこんで、あやちょ制作のチラシを貼って、そうやって声を上げたことで実際にチケットが売れていくのを目の当たりにした。

すごいな、って思った。

客を呼ぶのは事務所の仕事で、来た人間を楽しませるのがメンバーの仕事っていう風に思ってたし、今でもそう思ってるけど、あそこまでちゃんと考えて施策を打って、実際に何枚も売られると、ホントにすごいなと思うし立派だと思った。

豊洲に持ち込んだチケットは完売した。

 

自分は「別に満席じゃなくてもいい」って思ってたんですよ。

ホールも武道館も、満席かどうかよりも内容が大事だって思ってたんだけど。

そんなことはメンバーには釈迦に説法だったね。

その上で出来ることをぜんぶやろうとしてた。メンバーが空席に触れることへの拒否反応はみるみる無くなったように感じる。自分はアンジュルムおたくだからこの意見に信憑性はまったくありません。

 

「満席じゃなくてもいい」って言っておいてなんだけど、やっぱたくさん見に来た方がいいには決まってるんですよ。

自分が住んでる長野では、2009年2010年あたりにやったコンサートの客入りがまあだいぶ悪かったみたいで、それ以来ハロプロは長野でほとんどコンサートをやらなくなってしまった。 

興行だから、そういうものなんだよね。

ライブハウスツアーって選択肢がある以上、次もホールツアーがあるとは限らないから。

 

空席に触れず、コンサートをまっとうする。

それはもちろん良いと思う。アイドルはスターだから。姿で魅せてくれることが嬉しいってのは解かる。

でも、声を上げて作戦を考えてチケットを売っているアンジュルムのことも、もっと評価して良いと思うんですよ。

言いたいことはこういうことです。ここまで書いて解かったよ。もっと褒めよう。

 

 

あとさあ!今からが言うことがいちばん大事だけど!

アンジュルムが名取の空席に触れて悔しいって言ったのは「公演中のMC」だけで、その後のブログとかtwitterとかにはいっさい書いてないからな! みんな「楽しかったー!」って書いてたからな!

それをレポで拾った在宅が「そんなこと言わない方がいい」とかどーとか膨らませて批判したりしてたけど、そもそもライブに行った人以外は聞いてない発言だからな公式には!ブログ読め!おれも聞いてません!

 

在宅がtwitterのレポを拾ってカッとなって批判する流れは良くない。

言い方とか空気とか、文字では伝わらないものがある。

このブログで唯一これは非難。

批判するなとは言わないから、批判するなら同じ内容のレポを5個くらい拾う慎重さを大事にしてほしい。ニュアンス変わるから。

 

■□■

 

最後に非難で終わりましたね。

どうですいやな気持ちになりましたか。

明日はアンジュルムの武道館なので自分はハッピーです。

猫の写真を貼ると良いらしいので貼っときます。

 

f:id:sayurumoon:20170515005556j:plain

 

バイバイ

 

 

「大人の麦茶 第23杯目公演 おしり筋肉痛」を観てきた

 

雨だったり晴れだったりした。

 

■□■

 

大人の麦茶 第23杯目公演 おしり筋肉痛」観てきました。土日。

 

f:id:sayurumoon:20170425020417j:plain

 

自分はハロープロジェクトのおたくなので、なにかと馴染み深い大人の麦茶

今回はtwitterで「石井杏奈さんの舞台はまだかな」とつぶやいたら親切にもフォロワーさんがこの舞台を教えてくれました。

やってて良かったtwitter

 

■□■

 

この舞台で主役と言えるのは「なかみん」というあだ名のおじさん。

しかし物語としては群像劇で、すべてのキャラクターに物語があった。

最初は謎だった部分、ふしぎだった台詞、解からなかった登場人物の関係性がじょじょに明らかになっていき、つながっていく。

土曜日の昼に初めてこの公演を観ながら「この後の公演も買っておいて良かったー」と思った。

知った上でもっかい観たいと思ったから。

なんでみおりんはロボットだったのか。立羽に頭をぽんぽんされた時のリアクション。ジュンペイ登場時の青奈の行動の意味。しずくが週報を渡すシーン。なかみんが青奈の話をしている時のマッカーサーのリアクション。その他もろもろ。

2回目以降は(なるほどなーあーなるほどなー)と思いながら観た。

 

主役のなかみん。

糖尿病になってしまって、大好きなお酒が飲めなくなってしまったことを泣いて悲しむおじさんなんだけど、本人が台詞で言うとおり、まーでたらめ(笑)

仲間のおじさん、トベも解かりやすくでたらめだけど、なかみんもたいがい。

「お酒を飲むことは体が夢を見ることだ。心が夢を見ることだ」って良い台詞に感じてしまうけど、たぶん酒飲みの妄言だし(笑)、酩酊して気絶するように眠る以外に眠り方が解からないってダメ人間みがすごいし、なんとかまたお酒を飲めるようにするよりも体壊したんだから生活を改善しようよ!って思ってしまうけど、それでも、なんかうらやましいなって感じるところがある。

新宮さんじゃないけど、「あっち側行きたいな」ってちょっと思う。

自分はあんなにでたらめに生きてこなかったから(笑)

でも穴は開けないよ!

 

なかみんはもちろん、全ての登場人物に愛される良さと愛されるダメさがあって、まあ愛されないダメさもあったけど(笑)、でも魅力的だった。キャラクターというより人間を作るのが上手いなーと思った。最後は全員好きになるように出来てる。

立羽の掴みどころのないフワリと変わってしまう独特な雰囲気が好きだったな。立羽の、というよりも宮原将護さんの、かもしれない。

 

 

石井杏奈さん。

今回の舞台でも前回の舞台でも歌を聴く機会があったのだけど、すごく綺麗な歌声で好きなんですよね。

今回はいきなりロボで登場して(!)、それがすごく上手かったもんだから、まさかホントに自立歩行型のロボ役なのかと最初びっくりしたけど(笑)、違いました。恋に悩む女子高生でした。

物語のクライマックスを担っていて、みおりんのけなげさと切なさに、すすり泣く声があちらこちらから聞こえたなあ。

女子高生らしいはつらつさ、笑顔、でもどこか醸す可憐さ。今回はそれプラスロボ(笑)

可愛くて切なくてけなげで、最後はがまんしてのみ込んで、いい子だったなーみおりん。

お母さんがお金出してくれてるから学校は皆勤で通うって!なんていい子!

 

楽しかったです。

ありがとうございました。

そういえば「咲夏」を買えたので観るのが楽しみ。

 

■□■