読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEPTEMBER ENDs

オレンジ

勝田里奈さんのバースデーイベント2015に行った その1

 

サブタイトルは幸せな日。

 

――――――

 

○1回目セットリスト

1「甘酸っぱい春にサクラサク

2「VERY BEAUTY

3「School Days

4「まつげの先に君がいる

OVER THE RAINBOW

 

■□■

 

勝田里奈さんのBDイベント2015に行ってきました。

いつでもこの日を振り返って幸せを思い返したくて、たくさんしたツイートに合わせてブログも書きます。もう少しはやく書けば良かった。

 

こちらTFMホールの簡素な案内板。

f:id:sayurumoon:20150414213826j:plain

 

まずグッズを買いました。

 

 

BDイベントのグッズは全部セットを買えばいいから楽です。

ただ、売り子のおじいちゃんが忘れていたらしく、家に帰ってたしかめて見たら、全部セット限定の写真が入ってませんでした…。かなしい…。

どなたかスキャンしたデータをお持ちの方はそっとこちらまで→ https://twitter.com/sayurumoon

リボンキーホルダーはこわれる気しかしなかったので2つ買いました。これで憂いなく使えるぜ! スマホ買いかえしだい付けてみたいと思います。何日もつかな。1週間はもってくれ。

 

 入場。する前に。

かつたさんからこんなツイートがきました。

もうグッズは買ったのでしょうがないなー、と思って外にいたら、「入場列作ります」との案内。ささっと並んでみたところ、売り子かつたさんが窺えるところまで連れて行ってくれました。まじかと思う。ありがとうと思う。

衣装はグッズの生写真参照。売り子ふたりの真ん中に立ったかつたさんは、グッズを買っていくおたくさんに笑顔でありがとうございますと仰ってました。そこはもちろん可愛いんだけど、ふたりのおたくさんがグッズを選んでてどちらからも話しかけられない時に、体の前で手を組んでちょっと所在なげなかつたさんがめっかわ。

ヘアメイクもざっと下ろしただけでバサバサしてた前日の個別と違って()、すごく整ってた。ちゃんと見れて良かったありがとうありがとう。

 

いざ入場。カツペディアなる企画に投書してから席へ。語呂が良いやら悪いやら。

会場では英語歌詞のオサレなハッピーバースデーソングが。

入場時に「かつたさんが入場したところでハッピーバースデー歌うよ! コールは『りなぷー』だよ!」みたいな紙がスタッフサイドから配られる。

 

始まる気配。緊張。見逃すまいぞと気合を入れる。一回目スタート。

 

かつたさん登場。その瞬間にハッピーバースデーソングがかかり始める。あまりに速攻でかかったので歌い出しに戸惑うおたくさんたち。2フレーズ目あたりからちゃんと歌ってぶじお祝い。

ヒール高っ。脚キレイ。衣装の背中意外とざっくり。そんなことを考えた思い出。たぶんこの時舞い上がってる。

 

オープニングトークでいきなり「誰からいちばんにお祝いメールが届いたか」っていう定番のお話を、自ら教えてくれるかつたさん。

「教えてあげたいと思います」って言ってた。良い。菅谷梨沙子さんでした。

めいめいから届いたメールにはオリジナルの歌が付いてた、という話で、

「文章だけでいいのにボイスメッセージがついてて」って、いやそこかつたさんリアクション違くない?! ボイスメッセージまでついてて感激しましたじゃないんだ?! とか思ったりしました。おもしろい関係性だなあ。

 

前の2回(2013、2014)は歌から始まったんですが、今回はコーナーから始めてみたいと思います」とのかつたさんの宣誓。おおー!って言うタイミングかと思ったけど言えなかった。

始まったのは「今日で17歳ということで、新しい自分をもっと知りたい、カツペディアを更新しましょう」のコーナー。

おたくさんからの質問がいくつか書かれた(上に紙を貼って隠してある)ボードが左に、その回答を書くボードが右にあり、かつたさんが自ら剥がして、答えをボードに書いていくコーナー。

 

そのへん全体の質問のレポはトゥギャから読んでいただいて。ありがたや。

勝田里奈BDイベント2015 #アンジュルム #りなフェス - Togetterまとめ

 

とにかくかつたさんのフリップ芸が冴えわたったコーナー。

「Q.好きな衣装は?」「A.武道館のドクロセーラーとちょいカワのピンクの衣装が好き」→ボードに書いたのは『ピンク&ドクロ』

「Q.ソロ写真集のロケ地はどこが良い? A.ハワイ B.パリ C.沖縄」「A.ハワイが良いです」→ボードに書いたのは『A』

ものすごくざっくりボードに書いていくかつたさん。

それと考える時に右手の人差し指をこめかみに当てて「うーん」ってやるんですよ。うあかわいい。

 

ここで歌を聴かせていただく。2曲。

●「甘酸っぱい春にサクラサク

●「VERY BEAUTY

春ふたたび!「甘酸っぱい春にサクラサク」はもはやテーマソングばり。すごい良かったんですけど、かつたさんが歌いながら歩く姿に浮かれててダメだ。あんま覚えてない。

VERY BEAUTY」素敵でした。サビの高音が綺麗で綺麗で…。ああ聴きたい。また見たい。

 

続いて始まったのは「メンバーを当てはめてみましょう」のコーナー。

かつたさんがアンジュルムのメンバーを「動物」と「家族」をテーマに当てはめる。

かつたさんの回答はこちら。

f:id:sayurumoon:20150415012425j:plain

おいどっちにも動物いるじゃないか、というのは置いておいて。

このマグネットはボードの裏に貼ってあったんですけど、裏に回り込んでマグネットをひとつひとつ見ながら「うーん、分かった、えー、どうしよう」と考えるかつたさんの表情がかわいくてかわいくて。ちょっと唇まきこんでた。

 

このコーナー、かつたさんは一人でがんがん笑いをとってたすごい(トゥギャ参照)。かつたさんもとてもお気に召したようで「これ良いですね。楽しくて。楽しい~」ととても笑顔でした。

 

二つのMCコーナーでかなり尺を取ったBDイベント。(たくさん曲を歌ってほしい!)と思ってたんですけど、こんなにMCが面白いならあと1曲歌って3曲で終わっても仕方ないな…と覚悟しました。でもここからなんとまだ3曲あったんですよ。ホント嬉しかったな。

 

というわけで歌へ。

●「School Days

●「まつげの先に君がいる

この2曲知らなかったです。今回初めて聴いたんですけど、なんかすごいピタリ感あった。あのまろさんがその選曲センスを認めるだけある。けっこう体全体を使ってリズムを取ってて「動くなあ…!」と驚いたり。ベリビュもそうですけど、かつたさんの高音の綺麗さは抜群だと思う。

 

MC。

激動だった16歳の話をしたあと「16歳は今後忘れることのないくらいの年になったので、17歳もそういう年にしたい」みたいなことを仰ってました。良い事を仰ってた。

「昨日ママと話したんですけど」のママが可愛かった、とか。

「年に一度、自分の歌声だけを、聴かせていただく? 聴かせる? 聴かせていただく?」って言い回しに悩んで、最終的には「聴かせてあげることが出来て」って言っててキュンとした、とか。

良い思い出がたくさん。

こんなに幸せでいいのか。すごい。今幸せだ。今日しぬなら本望じゃないのか。幸せだー。とイベントの最中から強く思ってた。

 

最後の歌は「OVER THE RAINBOW」。

なるほど…!と思った。Buono!はけっこう予想されてたと思うんですけど、なるほどなあ。綺麗だったなあ。

 

そんなところで1回目のお話は終わり。

f:id:sayurumoon:20150415021521j:plain

 

2回目につづく(=゜ω゜)ノ